• 標準
  • 大
  • 特大
病院のご紹介
INTRODUCTION OF HOSPITAL
HOME >  病院の紹介 >  各部署のご案内 >  看護部のご案内 >  看護部概要

看護部概要

看護部の特色

 当院は、昭和29年に地域住民のニーズに対応した医療の確保を目的に開設され地域に根ざした病院で、長い歴史の中で培ってきた信頼と実績は当院の強みであり、地域に必要とされる病院として成長し続けるよう努力しています。
 当院の魅力のひとつである美しく豊かな自然に恵まれ、山の木々が澄んだ空気を届けてくれるゆったりとした環境の中で、豊かな人間性を育むための細やかな教育によって、高い技術と豊かな心をもった人材育成を目指しています。
 当院の特色として介護度の高い高齢者が多く、医療と生活支援に精通した看護が求められます。地域医療を守る病院として患者さんに満足していただけるよう、人材育成に力を入れた院内研修体制および院外研修・資格取得支援を整備してきました。
 特に「地域住民の健康を守る」の理念の基、住民に安心して暮らしてもらうために、認定看護師が院内だけでなく近隣施設で充分に能力を発揮できるよう職場環境を整え、看護師一人ひとりの成長をバックアップしています。
 また既卒採用者の強みを活かし組織の活性化につなげること・職場への早期適応を促すことを目標に、既卒者適応支援研修に力を入れ看護師が働き続けられる職場環境づくりに取り組んでいます。

一般病棟看護提供方式

10対1入院基本料、急性期看護補助体制加算25対1を算定しています。

 

療養病棟看護提供方式

20対1入院基本料を算定し、安全で安心な看護に取り組んでいます。

 

看護配置

当院は固定チーム継続受け持ち制です。

固定チーム継続受け持ち制とは

個々の患者に対してチームの中に受け持ちが存在し、受け持ち看護師が責任を持って個々的なケアを提供します。つまり、一人の患者を入院から退院まで受け持ち、その看護師が所属するチームが、その看護活動を支援するシステムです。

役 割

① 固定チームリーダー

  1. チーム内の目標を立てる
  2. チーム内の総括責任
  3. チーム内の調整を図る
  4. チーム間の調整を図る
  5. 看護計画の立案、修正評価を評価する
  6. 役割を確認し自己啓発を図る
  7. 担当看護師を決める

② 受け持ち看護師

入院から退院まで主体的に看護の責任を担う
(3〜4名の患者を受け持ち、自分で立案して看護計画をチームで実践しやすいものにする)
  1. 患者のニーズに応じて看護過程を展開し、それぞれに責任を持つ
  2. 休暇や自分の勤務以外の時の、看護方針を明確にする
  3. 病状説明時の同席

勤務体制

【 日勤 】8時30分〜17時15分
【 準夜 】16時30分〜1時15分
【 深夜 】0時30分〜9時15分

 

看護部の取り組み

師長主任会議 部内活動を活性化し、地域の皆様に病院の理念にそった安全で質の高い看護を提供する
教育委員会 地域の皆様に質の高い看護を提供するために、看護スタッフの能力開発を支援し、資質の向上を図る
プリセプター会 プリセプティーに関する情報を共有し、育成環境を整え、成長を支援する。
プリセプター相互の交流を図り、育成能力の向上を図る
プリセプティー会 メンタルケアを含めたプリセプティ–の支援。
年間を通して新人教育を行う
キャリアリーダー会 キャリア分野の学習・研究を推進し、院内全体の看護レベルの向上を図る
記録委員会 質の高い看護を保証するために、看護の記録を検討し、その充実を図る
接遇・環境委員会 患者様が気持ちの良い療養生活を送れるように環境を整える
業務委員会 看護の質向上のため看護業務を見直し改善を行う
看護補助者会 看護補助者間の連携を深め、活動を活性化し、看護部の理念に沿った安全で質の高いサービスを提供する
副主任会 副主任の役割を明確にし、所属部署の業務・教育おけるリーダー
退院調整委員会 計画的な退院調整を行ない、退院患者様のQOLの維持向上を支援する
COPYRIGHT(C) MINE-SHI HOSPITAL BUSINESS STATION All RIGHTS RESERVES.